忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クロノオーケストラ大阪公演に行ってきました!

クロノオーケストラ大阪公演に行ってきました。

今はなきスクウェアが開発したRPGゲーム「クロノ」シリーズは、個人的にTVゲーム史上最高のシリーズのひとつで、その音楽も含めて今の自分に大きな影響を与えているゲーム作品です。
そのシリーズの曲だけのコンサートとあらば、行かない訳にはいかないでしょ〜ということで行ってきました!

ところでこのクロノオケコン大阪公演が開催される数日前に、このオケコンで演奏するのであろうと思しき曲を収録したオーケストラアレンジアルバムが発売されました。
私は発売日にそれらのアルバムを購入したのですが、それを聴いた後すごく良かった!という感想は実は持ちませんでした。(詳しくはこのブログ記事の1、2つ前の記事をご覧ください。)
どちらかというと、オーケストラアレンジというにはちょっと音が軽すぎやしないかい?って思ってて、オーケストラ特有の厚みのある音というものがあまり感じられず、コンサートは果たしてこの軽いアレンジで大丈夫なのかな?という不安の方が先に立っていました。




そうは言いつつもコンサート前日は全然寝付けなかったので、楽しみにしている自分が勝っているのかなぁとも思いつつw 会場入り。



展示物はオマケ程度。まぁこれが目的ではないからね!
クロスのムービーってガイナックスも関わってたのかな?



闇市場もびっくり、イベント事の物販価格のオソロシサ
そして自分も含め、それをもろともしないファンのオソロシサ



コンサートは終始バックスクリーンにゲーム画面を流しつつ、MCは最小限にして曲をどんどん演奏していくというスタイルでとてもシンプル。
でも変に奇をてらった演出があるよりはこの方がいいのかもしれません。おじさん涙腺が緩みっぱなしだったので、これだけでも十分です…( ̄^ ̄)…
演目はやはり、ちょっと前に発売されたオケアレンジCDとほぼ同じものですが(CD未収録の曲がアンコール含め4曲ありました)、やっぱ生で聴くのはCDと全然違って迫力満点でした。軽いとか言った自分がちょっと恥ずかしい…^ ^;


ただひとつあるとすれば…ほんとに重箱の隅を突くようなことなんですけど、クロノオケコンは他の多くのコンサートと同様、マイクでオーケストラの音を拾ってスピーカーで拡声するようになっていたので、本当の意味での生演奏の音を私たちは聴いていたわけではないんですよね。

数年前に行ったゼルダオケコンはマイクやスピーカーを一切使わず、本当の意味での生演奏の音を私たちに届けてくれていて、それは本当に本当にナチュラルな音で感涙モノでした。

それを体験した後だと、スピーカーからの音はどうしても機械的に作られた、本当の自然な音とは違う、あぁ…いいスピーカーで聴いてるんだなぁ…という感想になってしまうんですよね。

かといって大きなホールではマイクやスピーカーを使わないと遠くの席の方には音が届かなかったりとか、なら客席を少なくした小規模ホールならいいじゃないかとなると、今度は採算がとれないとかチケット落選者があふれるとか、真の生演奏空間を実現するにはたっっっっくさんの難しい課題もあると思うので、実現するのはかなり難しいことだとは思うんですけどね…それでも、ナチュラルな音であればもっとよかったというのはあります。



ところで、上の写真はクロノオケコンの物販で買ったグッズたちですが、最初はやっぱこういう物販のモノは高いな〜とボヤいていたんですけど、いざそれらを吟味してみると、1つひとつのグッズの完成度がとても高くて驚きました。
※オルゴールはクロノシートの特典



クロノシート特典のオルゴールの内容は"サラのテーマ"と"星を盗んだ少女"それぞれの楽曲のほんの1フレーズのみ。音はすごく良いです♪



クロノシリーズのシンボルマークを象った時計型キーホルダーは、普通に見栄えする逸品なのでマイポーチに装着♪
これも最初は高いなぁとは思ったけど、しっかりした作りでファンの信仰心を食い物にしたようなオモチャっぽさというのは全く感じないです。



カレンダーは破らずめくっていけるようになっていたり、本体の素材に紙ではなくプラスチックっぽい?(ラミネートされたものを想像してもらえれば。)ものを使って極力日焼けしないような対策を施していたりと…
値段は高いけどコレクターのことをすごく考えて作られているような気がします♪



クロノオケコンのパンフレットは何と言っても鳥山明先生のイラストが最大A4判見開き、つまりB4サイズで収録されていることが最大の特徴かなと思います。
鳥山先生のアナログイラストの凄まじいパワーを堪能できますv そんなパンフレット他になかなかお目にかかれないと思うのでこれは本当に貴重だと思います..!
後は光田さんをはじめとした当時スタッフへのロングインタビューとか、定番のネタももれなく載ってます。


イベントのグッズは今回のクロノオケコンが1番満足度高くなりました。
ファンを食い物にするんじゃなくて、ファンの心に響くものは何か?ということを真剣に考えて作られてるんじゃないかな、という姿勢があちこちに見える気がしてならないからです。



結局のところ今まで行った色々なイベントの中でも特に満足度の高いイベントの一つになりました!最初の不安はどこへとやら…^^;
11月のクロノクロスライブも今から楽しみでなりません…!


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

profile

HN:
藤元達也
Twitter :

blog seach

others

blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]