忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歌いやすい曲とオリジナリティの反作用。。

私が作る歌モノはどうも難しいと言われることが多いので、近頃歌いやすい曲ってなんなんだろう、どうやったらそういう曲に近付けるんだろうと、調べている今日この頃です。

Webの作曲講座をみたり、ジュンク堂でそれらしい本を探ってみたりしているのですが、そういうメロディーは実は作るのは簡単で、 普段皆がよく耳にするようなメロディーラインをそことなく真似てみたり、アレンジ構成もそれっぽい雰囲気を演出すれば簡単に出来るかも、、というのがわかってきました。

でもね、この方法にはひとつ大きな落とし穴がありましてですね、それはその元ネタにした曲は超えられない。超えられないばかりか、パクリにすらなりかねないという穴。 最初からオマージュする気で作るなら狙い通りですが、そうでないなら痛いことこの上ない行為なんですよね。

私は完璧にオマージュしようと思って作った曲はないので、上記の簡単に歌いやすい曲という作り方は使えない。いや、オマージュしてないつもりでも、実は何かの曲に似てるのを作ってるという痛いことをかましてるかもしれないですが^^;。
歌いやすい曲とオリジナリティのある曲って実は相反するものなのかもしれません。
歌いやすくすれば何かに似てしまう。オリジナリティを追求すれば難解になる(難解かつパクリという最悪のワナにハマってるかもですが^^;)じゃあその間のオイシイところをとればいいじゃないかというハナシですが、コトバでいうほど簡単なものじゃなさそうですよ~それは^^;。

ま、究極的には歌いやすさとオリジナリティを兼ね備えた曲を作るべく、目指したいところですけどね。 今はそういう気持で曲作りをしていきたいと思います。

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]