忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゼルダの伝説30周年記念コンサート 行ってきました!

先日、ゲーム「ゼルダの伝説」シリーズの生誕30周年記念オーケストラコンサートの大阪追加公演を鑑賞するため、オリックス劇場に行ってきました。
色々な事情があってゼルダシリーズは風のタクトまでしかプレイしたことがないのですが、そのゲーム内容はもとよりゲームの音楽も大好きなので、予てから最近活発になってるゼルダコンサートの興行にどこかで行きたいなぁと思っていたんですが、今回は都合よく予定が立てられたのでコンサートに観に行ってきたのです!
今日はその鑑賞レポートをここに記します。



ゼルコンの公演会場である夕闇に浮かぶオリックス劇場。
アオーーーン……とかいうオオカミか野犬かの遠吠えが聞こえてきそうな…?んなワケないか^^;

私が劇場にたどり着いたのは公演から1時間も前になるのですが、既にゼルダオリジナルグッズの先行販売は始まっていて、それらを求める長い行列がオリックス劇場手前の公園まで続いていました。
さながらどこかの同人誌即売会の有名サークルのグッズを求める人たちのようです…そのくらい長いなが〜い列ができておりました。


ただそれと違うのは、並んでいるのはオーケストラコンサートを観に来ている人たちだからかなんなのかは分かりませんが、明らかにオタクっぽい風貌の御方たちはほとんど見当たりませんでした。むしろなかなかシャレオツな方々が多かったので…私は今回のコンサートはちょっと肩身が狭いかもなぁと思ってしまいました…^^;


そんなワケで先行販売の列に並ぶのもなんだか気が引けたので並ばず、余り物で良さげなものがあったらそれを買えばいいやっていうゆとり思考全開で開場まで公園でぼけーっと過ごしていました。


そして寒さに耐え忍びながら待つ事1時間、開場となったので入場を待つ列に並びました。

…そう、入場を待つ列です…。

先行販売グッズを求めるか否かに関わらず、会場に入るためには結局並ばなきゃいけなかったのでしたw こんな事なら先行販売の列に並んでおけばよかったなと少し後悔しても時すでに遅し^^;
まぁそのおかげでグッズは欲しいものは全部購入できたので結果オーライかなと…。



グッズも買ったところで、いよいよ公演が始まりました…!
最初の演目はSFC版「ハイラル城」のオケアレンジ版。…最初から勇壮にして悲壮感もある名曲を持ってこられますか…! 超カッコイイ切ない…!
次の演目は「ゼルダ姫のテーマ」 …癒されるぅ… T_T


…以降も同じようなマンセー意見しか書けないので、各曲に関してのコメントは控えることにします^^; とにかく良かったです! アンコールは近ちゃんのピアノソロだったりまさかのアレだったりとか、、

ゼルコンはオーケストラコンサートとはいっても格式ばったお堅い雰囲気とかは全然なくて、オーケストラライブとでもいうべきざっくばらんなものでした。
もちろんアーティストのライブに比べたらずいぶん大人しいですけど、ファンのツボを抑えてるような演出は多かったですし、聴いてる人も一緒に楽しもうっていう企画もあって近ちゃんがマスターソード振るうわタクト振るうわ、、、ホントに楽しかったです!!



ところで今回のゼルダオケコンサート、ゼルコンの音を聴いた瞬間に感じたことなんですが、
「あ、すごく音がいいな…」
そう思いました。

私はこれまで何度かオーケストラコンサートに行ったことはあるのですが、今回のゼルダコンサートはその中でも群を抜いて音の響きが良かったように感じました。
静かで落ちついた楽曲は豊かでまろやかな響きが、勇壮で勢いのある楽曲は力強くキレのいい響きがもの凄く心地よく届くのです。
なんでこんなに音がいいんだろう...と公演が終わった後もすごく不思議でなりませんでした。
オーケストラの楽器配置が一般的なものと少し異なったのでそのせいなのかなとも思ってすこし考察することにしてみました。

現代のオーケストラの楽器配置の基本形はこのようになるのだそうです。私が以前作った天の契り歌というボイスドラマ向けの楽曲群もこの基本形に則った配置を意識して楽曲制作を行ったのですが、ゼルダコンサートでは以下の図のような楽器配置になっていました。



元の画像はザ・オーケストラさんより拝借しました。
赤字の楽器は基本形とは異なる配置がされている楽器です。オカリナ組曲という各パートの紹介をかねた曲目があったので、ゼルコン大阪公演の楽器配置は上図のような感じでほぼ間違いないと思います。

中低音域楽器であるチェロやホルンが舞台中央寄りに配置され、中高音域~高音域であるトランペットやヴィオラが舞台向かって右寄りに配置されていたのがゼルコンの特徴です。
それがこの音の響きのよさに影響を与えているのかどうかは定かではありませんが



結局その謎はゼルコンのプロデューサーである横田真人さんがコンサートパンフレットで書かれていたライナーノーツで明らかになりました。
今回のコンサートではマイクやアンプ、スピーカーといった集音装置や拡声装置を使ってない、つまりはオーケストラが奏でる音が何も介さずダイレクトに視聴者の身体に届いてくるようにしていると横田氏はおっしゃっていました。すごーーく納得しました。
なるほど、あの心地よい響きの音の正体は本当の意味での生演奏の音だったのかと。
そして普段、どれだけデジタルな音の響きに耳が慣れてしまっているんだろうかと。。。
楽曲を作れるものの端くれとして横田氏の本当の生の音を届けたいという想いと、それを実現してくれたことにとても感激しました...!!
楽器配置はあまり関係なさそう...^^;



さてさて、この辺で私のゼルコンのレポは筆を置こうと思います。
ホントは1曲1曲の楽曲感想も伝えたくて途中まで書き進めていたんですが、文章力なくてホントにマンセー文言ばっかりしか書けないので断念しました^^;
代わりにゼルコンの音の響きは一体どうしてあんなによかったんだろう、そういうところにフォーカスしてブログ記事を書いてみたのですがいかがでしたでしょうか??

オマケに会場にあったパート譜やポスターを貼っておきます。
ではまた!




追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]