忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WavesプラグインをLogic Pro 9にインストールする方法

Wavesのプラグインはとてもよく出来ていて私も楽曲制作の折には大変重宝しているのですが、ライセンスセンターが大幅にアップデートしてからはLogic Pro 9へのインストール作業が大変煩雑になってしまいました。
この記事ではLogic Pro 9にWavesプラグインをインストールする手順を、自分への備忘録という意味も込めて記しておきます。Logic Pro 9でWavesプラグインを使う方のお役にも立てていただければ幸いです。当方のMacOSXバージョンはElcapitanであり、そのOS環境上での手順を記していきます。

なお以下の手順を実行した上で、もしあなたが不利益をこうむったとしても藤元はその責の一切を負いかねます。
あくまでも自己責任の上で行ってください。




★1
http://www.waves.com/downloads/central よりWaves CentralのMac版最新バージョンをダウンロードし、インストールする。


★2
★2の手順は新しく購入したプラグインがなければスキップする。
新しく購入したプラグインがあれば、wavesサイトで作った自分のアカウントにログインし、https://www.waves.com/account/registerでまずレジストレーションを行ってから、★1でインストールした最新バージョンのWaves Centralを起動。所持しているプラグインのアクティベーション(EASY INSTALL & ACTIVATE)を行う。


★3
★1でインストールした最新バージョンのWaves Centralを起動し(★2の手順を踏んだ方はWaves Centralアプリの左上にあるWaves社のアイコンをクリックしてWaves Centralのホームに戻る)、MANAGE LICENSESをクリック。
所持しているプラグインのライセンスが適切な場所にあるかどうか確認する。
所持しているプラグインのライセンスがどこにも見当たらない場合は、プラグインのアクティベーションが済んでない可能性があるので、★2に戻ってその手順を試してみる。


★4
Waves Central上でダウンロードしたプラグインを全てアンインストールする。
アンインストールはWaves Centralの上部にあるメニュー「Install」項目内にある「Uninstall」から行う。
プラグインをアンインストールしてもプラグインを買ったという証明であるライセンスは消えないので安心してください。(もちろん正当な対価を支払ってプラグインを手に入れた場合において、ですよ。)


★5
http://www.waves.com/support/run-waves-plugins-on-logic-9から古いライセンスセンター(Ver9.3)をダウンロードし、インストールする。1GB以上あります。
英語翻訳するのがめんどくさいという方のために古いライセンスセンターファイルへの直リン ⇨ http://www.waves.com/dlrdr?id=latest-mac-offline 


★6
Macのシステム環境設定 → セキュリティとプライバシー → カギの解鍵(左下の鍵アイコンをクリック) → 一般タブ内の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内の「すべてのアプリケーションを許可」を選択 → カギの施錠(左下の鍵アイコンをクリック)
※最初から「すべてのアプリケーションを許可」が選択されている場合は★6の手順はスキップしてください。


★7
★5でダウンロードした古いライセンスセンター(Ver9.3)を起動して、自分の持っているプラグインを選択してインストール。
※★1でダウンロードした最新のライセンスセンターを間違えて起動しないように!


★8
Macのシステム環境設定 → セキュリティとプライバシー → カギの解鍵(左下の鍵アイコンをクリック) → 一般タブ内の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内の選択項目を以前の状態に復帰させる。 → カギの施錠(左下の鍵アイコンをクリック)
※★6で最初から「すべてのアプリケーションを許可」が選択されていた場合は★8の手順はスキップしてください。


★9
Logic Pro 9を起動してAudio UnitマネージャーからWavesプラグインがインストールされているかどうか確認する。
Logic Pro Xもある場合はそちらでもプラグインマネージャーからWavesプラグインがインストールされているかどうかの確認をする。



以上で私の環境ではLogic Pro9, Logic Pro XともにWavesのプラグインが使用できるようになりました。

ところでLogic Pro 9でWavesプラグインを使おうとすると、なぜこんなにも煩雑な手順を踏まなければならないのでしょうか。
正規のWavesプラグインを使用するには最新バージョンのWaves Centralアプリを用いて、プラグインのインストール作業とライセンスの管理作業という2つのプロセスを経てはじめて、DAW上においてWavesプラグインを認識させることができるようになり、プラグインを使えるようになります。
ところが、Logic Pro 9はなぜか最新バージョンのWaves Central上でインストールしたプラグインを認識してくれません。古いライセンスセンター(Ver9.3)でインストールしたプラグインは動いてくれるのですが、こちらではライセンス管理が出来なくなっています。
先述したようにWavesのプラグインを使用するためには、プラグインのインストール作業とライセンスの管理作業という2つのプロセスがどうしても必要になります。よってLogic Pro 9でWavesプラグインを使えるようにするためには、ライセンス管理は最新バージョンのWaves Central上で行い、プラグインのインストールは古いライセンスセンター(Ver9.3)でそれぞれ分けて行う必要があるのです。
以上のプロセスを経てようやく、Logic Pro 9上でWavesプラグインが使えるようになるわけです。

またLogic Pro 9上でWavesプラグインを扱う場合、他のDAWにはない決定的な弱点があります。
それは最近リリースされたWavesプラグインや最新バージョンのプラグイン(Ver9.6以降のプラグイン)の使用は、古いライセンスセンター(Ver9.3)でプラグインのインストールを行わなければならないLogic Pro 9上では現状どうしてもできません。
最新のプラグインを使用したい場合はDAWの環境をLogic Pro Xに完全移行するか、他のDAWに乗り換えるしかありません。
ただ個人的には、Wavesのプラグインの更新は有料なうえ更新料が数万円かかるものもゴロゴロあるので、古いバージョンのWavesプラグインでも全然満足しています。1年ごとに数万円のお布施をしなきゃならんとか今時バカバカしい^^;


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]