忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏に観に行った映画のレビュ〜。

夏といえばレジャーの季節! 遊びの季節ですよ! 私にとっての今年の夏は映画三昧の夏でした!
...映画鑑賞がレジャーと言っていいものなのかどうかは分かりませんが^^;、映画鑑賞関連だけで数万円単位で出費するほど今年の夏は映画を観に行ったふじもとですw まぁもっと行く人はたくさんいるんでしょうけど、自分の中ではかなり観に行った方です。

その中でもここで書けそうなタイトルを3つ選んでミニレビューします。ブログを書くといつも長文になってしまうクセがあるので、短くまとめる練習も兼ねております^^;



傷物語II 熱血篇
(ヲタクに)人気のアニメシリーズ劇場版第2弾。今回も観に行きました。
今回もキスショット=忍野忍が映画ポスターを独占していて、今回も彼女メインでいくんだろうなぁJCキスショットが拝めるんだろうなぁと思っていたんですが、実際観に行って思ったのは2作目のメインヒロインは彼女ではなくて明らかに羽川だなぁということでした。暦X羽川の描写がたくさんあるのでそれが好きなひとはもうたまらないんじゃないかな? 私はガハラさん推しなのであまりピンときませんでしたが^^;
作画レベルは1作目同様相変わらず超絶クラスかつ、独特の雰囲気を持つ素晴らしいものでした。超絶すぎてグロいシーンの作画も容赦ないので、心臓弱い人は気をつけて...?
音楽で印象的だったのは月並みかもしれませんが、1作目のBGMでよく使われたモチーフに歌がついてそれがEDテーマになってたこと。古典映画の曲みたいなレトロ感満載な曲で他の物語シリーズの歌ものと比べるとすごく地味な印象なんですが、個人的にはとても好きです^^ ストーリーは羽川がメインヒロインみたいな描かれ方をしてますが、音楽はあくまでキスショットがメインヒロインだと考えられてるのかもしれません。
今作もよくできてるとは思うんですが、個人的には第1弾の鉄血篇の方が面白いなぁとは思いました。あれだけポスターやムビチケカードで自己主張してるキスショットの出番がほとんどないのもどうなんかなとJCキスショットほんのちょっとしか出なかったし。3部作の2作目はびみょーというジンクスを傷物語もしっかり踏襲してる気がする...まだ3作目でてない段階で評価するのもどうかとは思うんだけどサ^^;


君の名は
はじめに断っておきますが私、新海監督の作品は正直苦手です。
新海監督の映画はまだ彼が少数精鋭体制でアニメを制作していた頃の作品...秒速5センチメートルしか観たことがありません。個人的には新海監督は映画を通じて昔自分が負った心の傷をみんなに知ってもらって共感してもらいたいという感じがしたんですが、ちょっとその想いが一方的すぎる気がして私は全く共感ができず、その他の作品も観ようは思わなかったんです。
今作も観に行く予定は全然なかったんですが、新海ファンの友人に一緒に行こうと誘われたのでやむなく...^^;
秒速5の頃からずいぶん時間も経っているので、作風も変わってるかもしれないと思ったんですが、結果的に秒速5で抱いた新海アニメのイメージそのものの作品がここにもありました。ただ世界観は秒速5よりもかなり分厚くなってる印象を受け、最後までストーリー展開やオチがどうなるんだろうとハラハラしながら観られる楽しさは今作にはありました。
新海アニメが好きな人には間違いなくオススメします。 友人はハンカチがずぶ濡れになるくらい泣いていました...と言ったら大袈裟ですけど^^; そのくらいハマっていたようです。


シン・ゴジラ
庵野監督が描くゴジラワールド。
それは子供のためのキャラもの映画ではなく、特撮マニアのための怪獣映画でもなく、超絶硬派な社会派のディザスタームービーでした。私も含めミリタリーマニアは喜べますw
1作目のゴジラ映画が第五福竜丸の悲劇から着想を得て作られた反戦・反核の映画とするなら、今作は近年災害の多発する日本に、更に突如現れた新たな巨大災害=ゴジラに日本はどう立ち向かうかということを緻密に描いたディザスタームービーなのです。
どちらも優れているのはその時代の社会不安要素を映画の中に取り込んで、エンターテイメントとして表現しているということ。
庵野監督はゴジラという存在を子供のためのキャラではなく、特撮マニアのための怪獣映画でもなく、その映画が作られた時代における社会不安の象徴そのものとして考えているような気がしました。
個人的にはここ数年で見た映画の中ではダントツNo1の傑作だと思います!凄いとしか言いようがありません!エヴァQでは庵野監督そうとうしんどかったんだろな...



...書いてみれば結局長文になってしまったカモ...^^; でも1つ1つのレビューは少なめになった...つもりだよ^^;


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]