忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SHURE SE535とAudio Technica ATH-CKR9と。

愛用しているイヤホンがSHURE SE535というモノになるのですが、この前私の不注意で右側のユニットを壊してしまいました...
私はSE535が発売されてからあまり間も無い頃に買ったのですが、これが発売されたのが2011年。
もう発売と購入から5年も経ってしまっているので、これも買い替えの機会なのかもしれないなぁ〜と思って、久しぶりに買い替え目的で本気のイヤホンの試聴をすべく某大型電気店に向かったのでした。


私がスピーカーとかイヤホンを本気で試聴し始めると、長いときは朝入店して暗くなるまでずっーーーーーーーーっと1日中オーディオコーナーに入り浸って試聴するような迷惑な客人なのですが、SE535を壊した日から先にしばらく休みがなかったので、仕方なく退勤してから数時間だけの試聴を何日も繰り返してイヤホンを試聴するという、はたから見ればものすごくタチの悪い客人となって試聴してました^^;
そんな中でひとつ良い感じのイヤホンがあったのでここで紹介しようかなと思います。

その名はAudio Technica製のATH-CKR9というイヤホン。

面白い音の味付けがされたイヤホンで、割と万遍なく各周波数帯の音が出ているというモニターライクな感じの出音なのに、モニター系にありがちな聞いてて無機質というかツマラナイ音といった感じがあまりせず、とにかく出音が元気で気持ちのいいイヤホンなのです。
DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSという技術をウリにしていて、それがこの元気な出音の源であるかどうかは定かでないのですが、本気でSE535からの買い替えを考えてしまうほどよかったです。
結局はSE535の修理見積もりとATH-CKR9の価格があまり変わらなかったんで、迷った末浮気せず慣れ親しんだSE535に戻ることにしたんですけどね(修理も通い詰めた電気店に依頼したので、全くの冷やかしで終わったというわけではありませんよということは弁明しておきます。)

SE535はATH-CKR9に比べるともっとモニターライクな大人しい、だけれどそれだけではない上質な出音だと思ってます。
どちらも各周波数帯をまんべんなく再生しているようなところは同じように感じるのに、いざ聴いてみるとジェントルマンとやんちゃくれというくらい音のキャラクターが違うのはどうしてなのか、それはこのブログを書いている今でも分からないのですが、時間かけて試聴した中でまた新しい発見と収穫があったのは嬉しかったです^^

SHURE系やSENNHEISER系の音が好きな人はオーテクのATH-CKR9、一度聴いてみると良いことあるかもしれまんよ?


追伸:拍手ありがとうございます^^


拍手



*おまけ*

↑戻ってきたSHUREのSE535。右が修理交換となったユニットです。
よーく見てみるとSHUREのロゴの大きさとかテカリ具合が左右で違うのがわかります。
テカるのは使い込んだからなのかもしれませんが、ロゴの大きさが違うというのはやはり5年もの販売期間があるので、どこかマイナーチェンジしているのかもしれませんね。

出音は新旧ユニットでほぼ変わりませんが、ほんのちょっとだけ新しいユニットの音はこもったような感じがするので、今エージングをかけているところです。
まぁ、よっぽど気にしない限り大丈夫なレベルですけどね(__)

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]