忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DTMマガジンとかの音楽制作系雑誌を読むとき

DTMマガジンの12月号にはアニメ音楽の作り方という特集が組まれていたのですが、私にとってはそれが充実した内容でした。


田中公平氏や大島ミチル氏などアニメ音楽の第一人者のインタビューはもちろん、その後に載っていたアニメの各ジャンル(SFモノとか学園モノとか)に於ける音楽の作り方などなど、アニメではないですがボイスドラマの音楽制作という、遠からず近からずな分野の音楽をよく作っている私にとってはとても面白く参考になるものでした。

ただその作り方だけを鵜呑みにして音楽を作ったとしてもそれはそれで面白くないと思うので、DTMマガジン...ひいては音楽制作系の雑誌に載っている作曲のノウハウは私はいつもあくまで参考程度に止めるようにしています。
一番大事なのは例えばボイドラ音楽を作るときならそのシナリオ、演技、絵を見て、聴きながら自分で感じたことを音にしてアウトプットすることだといつも思ってますし、そのためには色んな音楽を聴いて気に入ったものを分析的に聴いてみることだと思ってますのでb
ただ雑誌に載ってるノウハウが作曲するときの大きな土台になるのもまた事実なので、それ+自分の思うところ、ってのをいつも大事にして作曲してます1

ちなみにレコーディング技術とかはそのまま鵜呑みにして参考にしてます。参考にしてもいつも上手くいかないのでムッキームッキー言いながらミックスダウンをしています^^;
ホンマにミキシングはニガテでして、いつまで経っても慣れた気がしないわぁ^^; と思いながらこれもまたDTMするなら欠かせない技術なのでトホホ〜と思いながらやってます^^;
作曲するときはすごく楽しいけどミキシングはなぁって、こんなの作曲と関係ねえじゃんとかブツクサ言いながら^^; やっぱ機械いじりはニガテですね〜。


DTMマガジンはゲーム音楽の特集とかもよく組まれたりするので、個人的にはホントに好きな雑誌の一つです^^ 映画やゲームのBGMが好きだったりそういったものに近いものを作曲する人にはオススメの雑誌ですねb


追伸:はくしゅありがとうございます^^

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]