忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自由への進撃


Linked Horizon自由への進撃買いました。
この前めざましテレビでも特集組まれてたので知ってる人は知ってるのかな、、1曲目の紅蓮の弓矢はアニメ進撃の巨人のOPです。


紅蓮の弓矢のテレビバージョンはとってもキャッチーなメロディーで人気が高いみたいですが、このCDに収録されているフルバージョンはどうも賛否両論のようですね。。
私はというと超肯定派。 それは別に前作ルクセンダルク紀行がよかったからLinked Horizonの曲は全て良いなんて盲目視点でもの申してる訳じゃなくて、ちゃんと良いと思える所以があるから良いのです。

紅蓮の弓矢のフルバージョンの構成、私はすごく野心的でイイ構成をしているんじゃないかなと思うのです。
この曲は日本の歌モノにありがちな構成を完全に崩した展開をみせてくれます。
たとえば典型的なJ-POPの構成、これで一つの方程式を作っても良いんじゃないって程ありふれてるものの一例として、 A→B→サビ→A→B→サビ→間奏→C→サビ なんてのがありますけど、日本の歌モノの大半がこんな感じで1番2番があって盛り上がってラストを迎える、、的な流れだと思うんですよ。誰かが仕組んでるんじゃないかなと思えるくらい。そうしなきゃ売れないよ!と圧力をかけてるかのように。。
ところが紅蓮の弓矢にはそもそも1番2番なんて構成がありません。 最初から最後まで新しいフレーズをボンボン出しながら展開していきます。

ちなみに紅蓮の弓矢はこんな構成 A→B→サビ→間奏→C→D→E→間奏→F→B→サビ
....見てもらえれば分かる通り、すんごい構成。歌モノというより交響曲に近いような、、、Fメロとか歌モノとして滅多にお目にかかれないよ^^;

この異次元な展開に対して日本の楽曲の典型的な方程式に慣れた人はちょっと拒否反応がでてるのかもしれません。私も最初はなんか違和感を感じたんですが聞けば聞くほどこれはすごい挑戦的なことをしてる楽曲なんじゃないかなと思い始めて、ものすごく良い!って思えるようになってきたのです。
私が作る歌モノも日本の楽曲の典型的な方程式にそったものばかりなので、どこかで崩してみたいな〜とは思いつつ今はまだ出来ないと思う^^;。 いつかはやってみたいですね!


2曲目の自由の翼は曲としてはイイけど進撃の第二期OPとしては...どうなんだろ。。
楽曲の雰囲気が所々もう巨人を完全に駆遂しちゃって凱旋したぜ!っていう感じ満々なのがどうなんだろうなぁ〜ってちょっと疑問符^^; 映像付いたのが見てみたいデスね。
3曲目のもしこの壁の中が一軒の家だとしたらは完全にカップリング曲なんだろうけど、1、2曲目と違ってトーンダウンしてるとこ、安息とその崩壊みたいな歌詞もイイですね〜。


ちなみに音質は前作ルクセンダルクやBDFFよりもかなり落ちてる気がします。シンフォニックロックなので楽器は多いし帯域が広い分ミキシングは難しいとは思うんですが、それにしても全体的に音がなんかつぶれちゃってる感じがします。
特に紅蓮の弓矢はわずかながら音割れしてるところもあるような気がします(イントロ〜Aメロに移り変わるタイミング)。楽曲の中身はホントにどれも良いのですが録音技術面ではちょっと残念。
ルクセンダルク&ブレイブリーデフォルト(以下BDFF)はスクウェアエニックスの手がだいぶ入ってたのかもしれないですね。あの会社、ゲームの出来は近頃サッパリさんですが他社の追従を許さないハイクオリティな画像とCGムービーとか、どんなジャンルの楽曲でも絶妙なミキシングバランスをみせるその技術力はホンマに凄いといつも思っているので。。
ちなみにルクセンダルクやBDFFの楽曲ミキシングバランスもかなりの好みです、今回の自由への進撃のミキシングの音質こもりっぷりを聞くだに、ルクセンダルク&BDFFはたぶんスクエニの手がかなり入ってると憶測してたりします。 ホントのところはわかんないですけどね〜^^;


追伸:拍手ありがとうございます^^
拍手コメントがありましたので続きに返信を書きました。


拍手


>くまこさん
拍手コメントありがとうございます^^

紅蓮の弓矢はブックレットをみる限り、フルオーケストラとまではいかないけれどかなりの数のオーケストラ楽器を使用しているようですが、千住先生はクレジットされていないみたいなので関わってるかどうかはナゾです。ルクセンダルク紀行では大々的に関わっておられましたよね〜。
紅蓮の弓矢のような構成だったら本格的な交響楽&ドイツ語バージョンがあっても面白そうですね! アレンジ&指揮は千住明!、演奏はワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団!とかだったら私はすぐさま飛びついてしまうと思います^^; ワルシャワはポーランドなので若干ドイツじゃないのが残念ですが^^;

ちなみにルクセンダルク大紀行の"Theme of Linked Horizon"では千住先生が指揮棒を振るってるのはもちろんのこと、オケ部分のアレンジまでされていて個人的にはイントロの重厚なストリングスの響きが千住先生らしいアレンジだな〜と思いながら聴いていました^^

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]