忍者ブログ

s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

2018年マイベストミュージックVOL.1 -ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドOST-

早いもので今年も残すところあとわずか...
すっかり更新頻度が落ちてしまったこのブログですが、近況とかその他諸々の最新事情はTwitterの方でぶつぶつ言ってますので、気になる方はチェック&フォローしていただければ嬉しいです^^

今回の久々の更新は、藤元が2018年によく聴いた曲やアルバム紹介の第1弾です。
このテーマをTwitterで伝えようとしても圧倒的文字数不足だし、強行したらTL埋めてしまてリムブロックがめちゃめちゃ来るかもしれないし...w
まぁそんなわけでブログの更新もかねて、こちらでぶつぶつとながーくつぶやいていくことにしますw


第1弾のお題はブログタイトルにもある通り


ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド オリジナルサウンドトラック


です!


世界的ヒット作になったゼルダタイトルのサウンドトラック。DLCの追加楽曲も網羅してCD5枚組収録曲211曲というすんごいボリューミーなアルバムです。


 パッケージもボリューミーな初回限定版仕様。置き場に困るけどそれでも欲しい悲しい性^^;


オープンエアーワールドなハイラルを彩る音色は、空気感と透明感を前面に出したアンビエントミュージックみたいな曲が多いのですが、そのクオリティはゲーム同様とても高いものになっています。

任天堂内製ゲームのサントラとしては珍しく、各曲の作編曲者名の情報が載っていたりサウンドスタッフ向けのインタビューがあったりするなど、ちょっとだけマニア向けなコンテンツもあり、個人的には嬉しい限り^^。

ちなみに同時期に発売になったゼノブレイド2OSTと音質を比較すると、個人的にはブレワイOSTの方が好みです。だからといってゼノブレ2OSTの音質が悪いというわけではないし、むしろ良いほうだと思うのですがブレワイOSTに比べると全体的に音像がボヤ〜っとしててリバーブ強過ぎない?って感じで、イマイチスッキリしないというか...ブレワイOSTはアンビエント主体ですが音像はシャープすぎず曇り過ぎずとてもナチュラルな仕上がりになっています。

現状私が最も理想とする音作りは、このブレワイOSTの楽曲群だったりもします。


以下好きな曲のレビューです。


M#1-05 シーカータワー
ピアノとパッドのコラボがとても幻想的な雰囲気を醸し出してます。。
曲は幻想的なのにタワー周辺の仕掛けは凶悪なのでその対比もまた乙なもの...^^;

M#1-11,4-29 ガーディアンの視線, ガーディアン戦
なんかELPを彷彿させる曲だから作曲は若井さんかなと思ってたけど実際は片岡さん。
最初の短い金管のフレーズだけで「うわ、見つかった!ヤバいーー!!」って雰囲気が出てますw

M#1-19 シーカータワー起動
これを聞けばで苦労も報われる...w ドラマチックなオーケストラジングルに仕立て上げてくれたことに感謝ですv

M#1-21 イワロック戦
構成といい音色といい色々面白い曲w ゲーム中はそんな悠長なこと言ってられないですけど^^;
そしてこの曲、ミックスバランスがとても素晴らしい。ものすごく立体的に聞こえてきます。どうやったらこんな風にできるんだろ...

M#1-25 ハテノ村
癒し系な村の曲。音質がもうめっっっちゃくちゃに良い!
音数は少ないですが各楽器が非常に映える絶妙なミックスバランスでムダな音がひとつもない。神ミックスな曲。

M#2-08 神獣 ヴァ・ルッタ戦
シドとともにヴァ・ルッタに挑む時を描いた本格生オーケストラBGM
シドとの掛け合いも相まって熱いバトルシーンを演出している王道曲で...私こういうのに弱いんですよねぇ^^;

M#2-13 水のカースガノン戦
カースガノン戦の曲はメロディーの音色を変えてダンジョン別に使いまわしてますが、個人的にはこのオーボエかな?オーボエ?がリードをとってるバージョンが一番好きです。
低音部のピアノがちょっとFF7の「オープニング〜爆破ミッション」ぽいw そしてこれまたミックスバランス絶妙曲。音が全周波数帯域に均等にあって楽器数の多い曲のミックスって、こっちを立てればあっちが立たずみたいな負のスパイラルに陥って難しい感じがするんですけど、この曲もお見事としか言いようがないミックスバランス...いやはやどうやってやってるんだろうなぁ〜^^;

M#2-22 リトの村
風タク竜の島BGMのアダルトバージョンw いやはやウットリしますよね...違うか...w
実際はマンドリンが素敵な清々しい曲です。雰囲気がちょっと魔女の宅急便っぽい?

M#2-29 神獣 ヴァ・メドー (探索)
ダンジョン曲ではこれが一番好きです。 やっぱ自分はアコースティックなものがメインをとってる曲が好みなようですw 風の揺らぎを演出したようなストリングスの動きが特徴的。

リーバルのテーマ(M#2-31) 曲は好きなのですが声優さんが棒過ぎてでせっかくの曲とシーンがが台無しだったりする...

M#3-05 ゴロンシティ
近ちゃんの作った初代ゴロンシティ曲のアレンジなのかどうかよくわからないけど似てる曲。
生演奏ならではの遊び心満載なトロンボーンが面白すぎる良曲w

M#3-06 北の廃坑
「リバーブというものはこう使うんだよ」とまるで曲が言ってきそうなほど、リバーブの使い方が洗練された曲。私なら30分でも聴いてられ...いやそれは厳しいか^^;

M#4-03 コログの森
マスターソードがあるところのBGMとしてはちょっとおどけ過ぎな気もするけど曲としては王道な良曲。
岩田恭明さんの曲ってRPGの王道的なものが込められたものが多くて、私のようなRPGで育ってきた世代にはたまらん曲が多くて困りますw

M#4-12 ,13 赤き月の予兆〜赤い月
ブレワイ1のホラーシーンにしてホラーな楽曲。
なんとも言えない気持ち悪い赤に染まるハイラルと相まって、ぬめっとした生々しい恐怖を感じます...コワイ。。

M#4-31 ハイラル城
珍しく王道的展開な曲を作ってる片岡さん。これを聴くとさぁいよいよラストダンジョンだぞとグッと気持ちが引き締まります。
ブレワイの曲の中で一番好きな曲で、サントラでの1:50付近からの展開は震えがきます。
ゲームでは気にならなかったけどサントラではピアノのディレイがちょっと効き過ぎてる気もするのですが私だけかな...?

M#4-34 厄災ガノン 第一形態
ラスボスガノンの第一形態。 私は神獣を全部解放して厄災&魔獣ガノンに挑んだのであっさり倒してしまって、バトル自体の記憶はあんまりないんですが^^; 曲はこれまた岩田さんの王道曲でとってもよき!そして素晴らしきミックスバランス。ズンドコズンドコ。

M#4-37 魔獣ガノン戦
ラスボスガノンの最終形態。 なんといっても縦横無尽に暴れまくるピアノがガノンの暴走を表現してるようで素晴らしいフレーズ。任天堂ゲームの音楽にはよくあることでこの曲もバトルの進行に合わせて曲が変化していくんですが、この展開の仕方もかなり胸熱。名曲です。




この記事を書くためにブレワイをプレイしていた1年半くらい前の記憶をYoutubeのプレイ動画と共に思い出していたんですが、かつてスーパーマリオで世界にゲームという文化を知らしめ根付かせ、それから約30年経った今日でも昔と変わらぬスーパーハイクオリティなゲームを創り出す任天堂の凄まじさにただただ圧倒されるばかりでした。
会社の利益という数字のことを考えれば、コンシューマゲーム機のゲーム開発は時代遅れなのかもしれないですがそれでも、それでなければ体験することのできない夢や文化はあると、ブレワイを体験した後なら強く、そう思います。
任天堂にはこれからも素晴らしい夢と文化を創造していっていただけることを切に願って止みません(T_T)


...もうね、ブログ書いてて最後の方のはだいぶ感情任せに書いちゃったw だってホンマにすごいんだもの、ブレワイ。。 他にもレビューしたい曲はあるけど書き出すとキリがないので特に印象に残った17曲を今回はピックアップしました。


それではまた...VOL.2(ブレワイとは違うお題になります)に続きます!

拍手

PR

ハイレゾ音源は本当にスゴイのか?

知人がハイレゾ音源(96khz/24bit/2ch/FLAC)すげーっていうので聴いてみる機会があったのですが...私にはその音源のCD音質(44.1khz/16bit/2ch/WAV)のものと聴き比べてみて違いがほとんどわかりませんでした。強いていえば音像の広がり方がハイレゾの方が豊かかな...くらい。
ずいぶん非難されたけどわからんもんはわからんもの^^;

両者の視聴環境は
プレイヤー...私のiMac(ハイレゾ音源視聴時はAudioMIDI設定で96khz/24bit/2chに設定/CD音源視聴時はAudioMIDI設定で44.1khz/16bit/2chに設定)
ヘッドホン/イヤホン...SHURE SE535SHURE SRH1540
DAC...なし。iMacのイヤホンジャックにヘッドホン/イヤホンを直挿し

DAC導入したら違いが出るのかな...?
私も知人もハイレゾ用のDACを持ってないし、買おうにも良い物は気軽に買えるような値段じゃないんでその検証ができないのは残念なところなのですが。。


私見ですが良い音質で音楽を楽しみたいなら末端の再生装置...つまりスピーカーかヘッドホン/イヤホンをそれなりに良いもの...少なくともそこに万単位の投資をすればCDからリッピングしたWAVもしくはロスレス音源でも十分楽しめると思います。(※CD→MP3やAAC音源など圧縮音源のものは320kbpsであっても明らかに音質が落ちるので注意。)
あいほん付属のイヤホンから万単位のヘッドホン/イヤホンに変えるだけでも世界が変革します。
それ以上はホントにわかる人にしかわからない玄人の世界だと思ってるんですが、DACなしでもハイレゾ音源すげーといった知人(音楽活動歴なし)の耳に私は負けてるのかなとも思ったり...^^; どうなんだろーね実際。


追伸:拍手ありがとうございます^^ お礼コメントが遅れて申し訳ございませんm(__)m

拍手

SHURE SRH1540レビュー

ご無沙汰しておりますふじもとです。
ブログの更新が滞っているばかりか、最近はTwitterのつぶやきもbotばっかりで消息不明状態になっておりますが、こうして生きておりますことをまずここに報告しておきます。

つぶやかない理由は月並みなんですが、オフが忙しくて遊ぶ時間がなかなかもてないのですよね...
久しぶりに休みが数日取れたのでブログでも更新しようかなと思い至り、今こうしてキーを叩いているところです。


で、今回のお題はコチラ。じゃじゃん!


じゃじゃじゃ〜ん!!

SHUREの密閉型ヘッドホンのフラグシップモデル『SRH1540』を半月ほど前に買っちゃいました!
というわけで今回の記事は、簡単になりますがこやつのレビューをお届けしたいと思います。


SRH1540は圧倒的な音の分解能の高さと密閉型ヘッドホンとは思えないような音の空間表現力の高さが特徴で、どんなジャンルの音楽でも非常に高い表現力を以って聴き手に感動を与えてくれる素晴らしいヘッドホンです。
冒頭の理由により音楽制作ではまだ使い込んでいないのですが、音楽鑑賞ではサントラ、J-POP、アニソン、オーケストラ、EDM、テクノ、アメリカンポップ、ブリティッシュロック、ワールドミュージック等々... ちょっとした空き時間に色々なジャンルの曲をSRH1540で聴いていました。

楽器の定位が明快に分かるなんてことはもちろん、演奏者の息遣いや指遣い、録音環境も具体的に想像できてしまえるような極めてナチュラルな出音です。ピアノ曲において奏者がダンパーペダルを扱っている音まで聴こえてくるのには驚きました。
出てくる音にぼかしや曇りがまるでないので、音楽を丸裸にして観て聴いているようなそんな感覚になります。


高い買い物でしたが。個人的には先代ヘッドホンSRH840に続いてSRH1540でもとても満足しています♪ 音楽制作でも使うのが楽しみです!
というわけで今からSRH1540と共に作業に入ります♪


追伸:拍手いつもありがとうございます^^



拍手

レビュー:ゼルダの伝説30周年記念コンサートCD

前回の記事で観に行ったゼルダの伝説30周年記念コンサートがとても良かったということを書きましたが、今回の記事はその録音版CDが出たということでそのレビューになります。
なお厳しめの感想になりますので、そのつもりでご覧ください。



これがそのCDです。もちろん初回限定版ですとも!
オーケストラコンサート会場限定のグッズ販売とか、任天堂も最近はあからさまにあこぎな商売をするようになったなぁと少し思ったり..
.そうと分かってて買っちゃうんだから私の負けですが^^;



ところで肝心のそのCDなんですが、収録されている内容は東京公演のものということで私が観に行った大阪公演のものとは似て非なるものになります。


あえて”似て非なるもの”という物言いをさせていただきます。


それは大阪公演で演奏した京都フィルハーモニー室内合奏団の演奏に比べておそらく、おそらくなんですがCDに収録されている東京公演の演奏はけっこうお粗末です。
なんかCDを聴いてると、演奏がモタついたり間違ってたりするところが結構あるんですよね。
特に最初の演目であるハイラル城なんかはそれが顕著です。金管系が全体的に酷い。
この曲1番の見せ場だと思われる開始から1分前後の転調オンパレードのところは、モタつくし原曲と違うフレーズになってる(あるいは間違えてる)し、大好きな曲なだけにかなり青ざめました。

この曲に限らず金管系とスネアは、全体通して違和感ありまくりです。
オーケストラは別名交響楽。幾重もの楽器が互いに交わり織り成す絶妙なバランスの音色が、聴き手に感動を与えるものだと私は思ってるんですが、この2者はそのバランスを崩壊させています。

大阪公演の時はそんなバランス崩壊など微塵にも感じなかったし、むしろ本当に感動する演奏だったので、CDは大阪公演とは違う楽団が演奏した内容とはいえスコアは同じなわけだし大丈夫だろうと...ていうかそもそも大丈夫とかそんな心配すらせず、あの会場での感動をいつも手元に置いておけるという一心で購入したのですが、蓋を開けてみれば...
やっぱ演奏者というのもとてもとても大事なファクターなんだなぁと、このCDを聴いて痛感しました^^; 観に行ったのが東京公演だったとしたら、たぶんCDは買ってないと思います。


あとですね、このCDはある程度ちゃんとしたオーディオシステムで聴かなければ楽器のバランスがものすごく悪く聞こえてきます。
CDの音源がライブ録音だからCD化の際ミキシングが難しいというのもあるんでしょうけど、安いオーディオシステムだと金管とスネアがとても目立って聞こえて浮きまくり演奏も粗いんで余計に目立つ^^;であり、低音部分がほとんど聞こえません。
イヤホンのSHUREのSE535だとあまり違和感は感じないバランスになりますが、コンポや小型スピーカーJBL CAS-33だと少々怪しい...iPhone付属のEarPodsとかバランス崩壊します。


大阪公演で演奏した京都フィルハーモニー室内合奏団のスタ録版ゼルダのオーケストラCDが欲しいなぁ...なんてのは我が儘すぎる望みなんですかね^^; 期待値が高かっただけにそれくらい残念でした。


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

ゼルダの伝説30周年記念コンサート 行ってきました!

先日、ゲーム「ゼルダの伝説」シリーズの生誕30周年記念オーケストラコンサートの大阪追加公演を鑑賞するため、オリックス劇場に行ってきました。
色々な事情があってゼルダシリーズは風のタクトまでしかプレイしたことがないのですが、そのゲーム内容はもとよりゲームの音楽も大好きなので、予てから最近活発になってるゼルダコンサートの興行にどこかで行きたいなぁと思っていたんですが、今回は都合よく予定が立てられたのでコンサートに観に行ってきたのです!
今日はその鑑賞レポートをここに記します。



ゼルコンの公演会場である夕闇に浮かぶオリックス劇場。
アオーーーン……とかいうオオカミか野犬かの遠吠えが聞こえてきそうな…?んなワケないか^^;

私が劇場にたどり着いたのは公演から1時間も前になるのですが、既にゼルダオリジナルグッズの先行販売は始まっていて、それらを求める長い行列がオリックス劇場手前の公園まで続いていました。
さながらどこかの同人誌即売会の有名サークルのグッズを求める人たちのようです…そのくらい長いなが〜い列ができておりました。


ただそれと違うのは、並んでいるのはオーケストラコンサートを観に来ている人たちだからかなんなのかは分かりませんが、明らかにオタクっぽい風貌の御方たちはほとんど見当たりませんでした。むしろなかなかシャレオツな方々が多かったので…私は今回のコンサートはちょっと肩身が狭いかもなぁと思ってしまいました…^^;


そんなワケで先行販売の列に並ぶのもなんだか気が引けたので並ばず、余り物で良さげなものがあったらそれを買えばいいやっていうゆとり思考全開で開場まで公園でぼけーっと過ごしていました。


そして寒さに耐え忍びながら待つ事1時間、開場となったので入場を待つ列に並びました。

…そう、入場を待つ列です…。

先行販売グッズを求めるか否かに関わらず、会場に入るためには結局並ばなきゃいけなかったのでしたw こんな事なら先行販売の列に並んでおけばよかったなと少し後悔しても時すでに遅し^^;
まぁそのおかげでグッズは欲しいものは全部購入できたので結果オーライかなと…。



グッズも買ったところで、いよいよ公演が始まりました…!
最初の演目はSFC版「ハイラル城」のオケアレンジ版。…最初から勇壮にして悲壮感もある名曲を持ってこられますか…! 超カッコイイ切ない…!
次の演目は「ゼルダ姫のテーマ」 …癒されるぅ… T_T


…以降も同じようなマンセー意見しか書けないので、各曲に関してのコメントは控えることにします^^; とにかく良かったです! アンコールは近ちゃんのピアノソロだったりまさかのアレだったりとか、、

ゼルコンはオーケストラコンサートとはいっても格式ばったお堅い雰囲気とかは全然なくて、オーケストラライブとでもいうべきざっくばらんなものでした。
もちろんアーティストのライブに比べたらずいぶん大人しいですけど、ファンのツボを抑えてるような演出は多かったですし、聴いてる人も一緒に楽しもうっていう企画もあって近ちゃんがマスターソード振るうわタクト振るうわ、、、ホントに楽しかったです!!



ところで今回のゼルダオケコンサート、ゼルコンの音を聴いた瞬間に感じたことなんですが、
「あ、すごく音がいいな…」
そう思いました。

私はこれまで何度かオーケストラコンサートに行ったことはあるのですが、今回のゼルダコンサートはその中でも群を抜いて音の響きが良かったように感じました。
静かで落ちついた楽曲は豊かでまろやかな響きが、勇壮で勢いのある楽曲は力強くキレのいい響きがもの凄く心地よく届くのです。
なんでこんなに音がいいんだろう...と公演が終わった後もすごく不思議でなりませんでした。
オーケストラの楽器配置が一般的なものと少し異なったのでそのせいなのかなとも思ってすこし考察することにしてみました。

現代のオーケストラの楽器配置の基本形はこのようになるのだそうです。私が以前作った天の契り歌というボイスドラマ向けの楽曲群もこの基本形に則った配置を意識して楽曲制作を行ったのですが、ゼルダコンサートでは以下の図のような楽器配置になっていました。



元の画像はザ・オーケストラさんより拝借しました。
赤字の楽器は基本形とは異なる配置がされている楽器です。オカリナ組曲という各パートの紹介をかねた曲目があったので、ゼルコン大阪公演の楽器配置は上図のような感じでほぼ間違いないと思います。

中低音域楽器であるチェロやホルンが舞台中央寄りに配置され、中高音域~高音域であるトランペットやヴィオラが舞台向かって右寄りに配置されていたのがゼルコンの特徴です。
それがこの音の響きのよさに影響を与えているのかどうかは定かではありませんが



結局その謎はゼルコンのプロデューサーである横田真人さんがコンサートパンフレットで書かれていたライナーノーツで明らかになりました。
今回のコンサートではマイクやアンプ、スピーカーといった集音装置や拡声装置を使ってない、つまりはオーケストラが奏でる音が何も介さずダイレクトに視聴者の身体に届いてくるようにしていると横田氏はおっしゃっていました。すごーーく納得しました。
なるほど、あの心地よい響きの音の正体は本当の意味での生演奏の音だったのかと。
そして普段、どれだけデジタルな音の響きに耳が慣れてしまっているんだろうかと。。。
楽曲を作れるものの端くれとして横田氏の本当の生の音を届けたいという想いと、それを実現してくれたことにとても感激しました...!!
楽器配置はあまり関係なさそう...^^;



さてさて、この辺で私のゼルコンのレポは筆を置こうと思います。
ホントは1曲1曲の楽曲感想も伝えたくて途中まで書き進めていたんですが、文章力なくてホントにマンセー文言ばっかりしか書けないので断念しました^^;
代わりにゼルコンの音の響きは一体どうしてあんなによかったんだろう、そういうところにフォーカスしてブログ記事を書いてみたのですがいかがでしたでしょうか??

オマケに会場にあったパート譜やポスターを貼っておきます。
ではまた!




追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

calendar

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]