s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ

エセ音楽スタジオの管理人が、作曲日記から日常のどうでもいいネタまで多彩に綴る日々の漫遊記。不定期更新。

傷物語 I 鉄血篇 ちょいレビュー <ネタバレなし>

知る人ぞ知る某人気アニメの劇場版ブルーレイを買いました。というわけで久々にアニメレビューでも。


物語シリーズはテレビアニメが始まった頃から美術と作画クオリティの高いアニメでしたが、その劇場版ともなるとそれにさらなる磨きがかかっていて、私は映画館でも本作を観ましたがその迫力と映像美にはただただ圧倒されていました。
また傷物語の映像へのこだわりという点で極め付けだと思うのは、本作がシネスコサイズで作られているということ。大作ものの映画とかを観に行くと、映画が始まる前にスクリーンの両端がウイィィーン...って開いていくことがあるじゃないですか? 傷物語もそれらと同じ映像規格で作られているということなんです。アニメ映画では異例のことだと思いますし、それだけ映像にこだわって作っているということなのでしょう。
とにかく映像美は凄まじいので傷物語を観たい方でブルーレイが視聴できる環境にある方は、ぜひともブルーレイでの鑑賞をおすすめします。


話は...どうだろう...元々物語シリーズって言葉遊びというか掛け合い漫才みたいなノリも大きな魅力の一つだと思うのですが、劇場版ではそういった要素はほとんどありません。それどころか他のアニメに比べてもセリフがかなり少ない作りになっています。
先述した通り美術と作画のクオリティは凄まじいので、もう劇場版は絵で楽しんでねと言わんばかりの作りです。映画館で観るアニメ映画としては凄いものを観たという感動はあったのですが、物語シリーズと銘打つ作品としてはどうなのかなとも思いました。
まぁ劇場版でもテレビと同じことをやっていたんでは、それはそれでテレビと変わらないじゃんって言われるだろうし、難しいところだとは思うのですが個人的にはもう少し言葉遊びのノリがあってもいいんじゃない?って思いました。(終物語あたりからそういうノリは意図して封印しつつある気がしなくもないですが...)


音楽は久々に神前さんが担当として戻ってきていて嬉しい限り^^
中身はというとなんというか、昭和の映画音楽のようなレトロ感たっぷりの音楽が多くて、それが平成の最新アニメ技術満載の映像美の中で奏でられているものだから、ものすごく不思議な感覚になりました。非常にクセがあるので甲乙つけがたいのですが、劇伴の役割としては自然でおかしいとは全然思いませんでした。
劇伴はほぼ全曲生演奏みたいなので音色はとても綺麗ですが、ブルーレイ特典のサントラCDを聴いていると楽曲の録音状態やミキシングは普通レベルくらいかなぁと思いました。音色は生演奏主体で綺麗なのに空気感や立体感に乏しくてせっかくの生演奏を活かしきれてない感じがします。決して悪くはないですが今ひとつといった感じ。生産限定のアナログ盤も買って比較して聴いてみたいところなのですが...いろんな意味でそれは躊躇しますw
あと神前さんというと歌曲にも定評があり、物語シリーズにおいてもたくさんの印象的な歌曲を作られていますが、本作ではOP、ED、劇中の全てにおいて歌曲は一切登場しません。あくまでも生演奏主体の映画音楽を追求していて、それはものすごくストイックでありカッコイイなとも思いました。



傷物語はたかがアニメ映画だなんて言わせない。これは映画だ!というもの作るんだという気概が美術だったり音楽だったりそこいら中にひしひしと感じられるような凄い作品だと思うのですが、物語シリーズとして観ようとすると肩透かしを食らうかもしれません。が、私はこれはこれでアリだと思ってます。そういう変化も必要でしょうよ。
断固としてシリーズで一貫性があるのは、映画を1時間ちょっとの尺にして3部作に分けて展開するような、毎度毎度完全にファンの足元をみているとしか思えないプロデュース側の狡猾さw 2部作にまとめるか、もうちょっと各エピソードの尺伸ばせよクソッタレどもめ。

拍手

ボイスサークル「CORE」4周年記念企画公開!

藤元が楽師として所属しているボイスサークル「CORE」が今日立ち上げから4年を迎え、それを記念した歌ってみた動画が2本、ニコニコ動画とYoutubeで配信されました!
藤元は主に楽曲のミキシングを担当しました。まずはぜひともご覧下さい!!

Blessing sing by CORE
 
connecting sing by CORE
 


藤元が歌ってみた動画のミキシングをするのは初めての経験です。
曲作りのプロセスの中でもミキシングを一番苦手とする私が、果たしてミキシングだけの依頼をちゃんとこなせるのだろうかと引き受けた後で少し悩むことになったのですが^^;、出来上がってみれば熱いノリを前面に出せたなかなか良いミキシングになったんじゃないかなと自負しております^^
もちろんそれは曲や動画や絵、歌い手さんたちの力あってこそのところが絶大なんですけどね! 私はこんな熱いノリの歌ってみた動画に1スタッフとして参加できたことはとっても嬉しく思っています!

以下はミキシングについての裏話もとい、いつもの自己満語りです。みたい方のみどーぞw

今回の楽曲はどちらも10人弱もの歌い手さんたちが同時に歌うパートがいくつもあって、当然ながら日本各地に散らばってる歌い手さんたちが、それぞれの場所で録ったボーカルテイクを1つずつ重ねていくことになるので、リズム補正は特に合唱パートでは多用しましたがピッチ補正はほとんど使いませんでした。これは驚き!
皆ほとんど音を外さないのでピッチ補正をする必要がほとんどないわけです。もしもこの面々でカラオケに行ったならけっこうハイレベルなものになるだろうなぁと、ミキシングしながらニヨニヨとそんな妄想もしていましたw

あとミキシング中に良い音を求めていろいろエフェクトを使ってみたりはしたんですが、最終的にはEQとコンプの調整を煮詰めていって仕上げにリバーブをうっすらかけるのが、今の私の実力の中では一番理想とする音に近くなることがわかりまして、あぁやっぱりラクして良い音求めようなんてムリな話なのかなぁと思いながらひとつひとつ地道に煮詰めていきました^^;
また所々ミキシング上で遊びのネタを仕込んでいます。これがなかなか理解されないのですが私としてはいつもそういうネタはどこかで仕込みたいと思っているので今回も入れましたw
どこがネタなのかということは書きませんがあぁこれがネタなのかなって探して聴いてみるのも面白いかもしれませんよw


なんかいろいろ散文になってしまいましたが、最初は安請け合いしてどうなるだろうかと心配だったんですけど、いざやってみれば色々と楽しかったしミキシングの勉強にもなりました^^


...でも進んで自らミキシングをやりたいかっていうとそれはないんですけどね^^;
やっぱり機械いじりは苦手ですw それでも今回は頑張ってミキシングしましたので、ここまで読んでまだ聴いてない気長な方はすぐにでも聴いてみてくださいね!


Blessing sing by CORE
 
connecting sing by CORE
 

音声の制作環境:
DAW : Apple Logic Pro X
Keyboard : Roland JUNO-Di
Effecter : Apple StudioEffects, Waves Tune, Waves L3-16 with L3 LL + L3 Native
Headphone, Earphones : SHURE SRH-840, SHURE SE535, Apple EarPods, Apple Earphones(Version3), SONY MDR-CD570
Speaker : JBL CAS-33


では、seeyou!


ps.
藤野達也改め藤元達也でありますw

ps2.
拍手ありがとうございます^^(早い...(゚Д゚○))

拍手

シンコウジョウキョウ@2016/6/15日版!

またまたご無沙汰でありますふじもとです^^;
最近はゆる~くではありますが、水面下で2つの作業をコツコツとすすめております。


そのひとつはとある歌ってみた楽曲のMIX作業。
諸事情で急遽私がMIXすることになったのですが実は私、歌ってみた楽曲のMIX師作業は初めての経験だったりします。
楽曲を作る過程の中でMIX作業やマスタリング作業は苦手なんですが、今回やっている作業はまさにその部分オンリーの作業。
ヒーヒー言いながらエフェクトプラグイン達と格闘しつつ作業しているところなのですが^^;MIXは楽曲を作るうえでも欠かせない重要な要素だということも分かっているつもりなので^^;、これもいい勉強の機会なのかな...と思いつつ自分にムチを打ちながら作業を進めています。
その歌ってみた楽曲は、7月8日にボイスサークルCOREよりニコニコ動画とYoutubeで公開される予定です。



もうひとつはこのブログのシンコウジョウキョウ記事でも度々書いていますが、ちょっと大き目の企画に着手していて、その楽曲コンセプトを練ったりDAWにアイデアをスケッチしたりしています。
...ぢつはこっちの進捗状況はあまり芳しくなかったりするんですが、こちらは年内公開予定という長いスパンの企画ということで...たぶんどっかで追い込まれて自分にムチを打ちながら作業する時期が来るんだろうなと思いながら^^;、今はまったりと進めています。


とりま私が初めてMIX師として参加した歌ってみた企画はもうすぐ公開されますので、楽しみにしていてくださいね!
公開されたら私のTwitterやこのブログでも紹介しますので、そのときにまたお会いしましょう!

では、seeyou!


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

SHURE SE535とAudio Technica ATH-CKR9と。

愛用しているイヤホンがSHURE SE535というモノになるのですが、この前私の不注意で右側のユニットを壊してしまいました...
私はSE535が発売されてからあまり間も無い頃に買ったのですが、これが発売されたのが2011年。
もう発売と購入から5年も経ってしまっているので、これも買い替えの機会なのかもしれないなぁ〜と思って、久しぶりに買い替え目的で本気のイヤホンの試聴をすべく某大型電気店に向かったのでした。


私がスピーカーとかイヤホンを本気で試聴し始めると、長いときは朝入店して暗くなるまでずっーーーーーーーーっと1日中オーディオコーナーに入り浸って試聴するような迷惑な客人なのですが、SE535を壊した日から先にしばらく休みがなかったので、仕方なく退勤してから数時間だけの試聴を何日も繰り返してイヤホンを試聴するという、はたから見ればものすごくタチの悪い客人となって試聴してました^^;
そんな中でひとつ良い感じのイヤホンがあったのでここで紹介しようかなと思います。

その名はAudio Technica製のATH-CKR9というイヤホン。

面白い音の味付けがされたイヤホンで、割と万遍なく各周波数帯の音が出ているというモニターライクな感じの出音なのに、モニター系にありがちな聞いてて無機質というかツマラナイ音といった感じがあまりせず、とにかく出音が元気で気持ちのいいイヤホンなのです。
DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSという技術をウリにしていて、それがこの元気な出音の源であるかどうかは定かでないのですが、本気でSE535からの買い替えを考えてしまうほどよかったです。
結局はSE535の修理見積もりとATH-CKR9の価格があまり変わらなかったんで、迷った末浮気せず慣れ親しんだSE535に戻ることにしたんですけどね(修理も通い詰めた電気店に依頼したので、全くの冷やかしで終わったというわけではありませんよということは弁明しておきます。)

SE535はATH-CKR9に比べるともっとモニターライクな大人しい、だけれどそれだけではない上質な出音だと思ってます。
どちらも各周波数帯をまんべんなく再生しているようなところは同じように感じるのに、いざ聴いてみるとジェントルマンとやんちゃくれというくらい音のキャラクターが違うのはどうしてなのか、それはこのブログを書いている今でも分からないのですが、時間かけて試聴した中でまた新しい発見と収穫があったのは嬉しかったです^^

SHURE系やSENNHEISER系の音が好きな人はオーテクのATH-CKR9、一度聴いてみると良いことあるかもしれまんよ?


追伸:拍手ありがとうございます^^


拍手

キンキョウホウコク@2016/04/11版!

久々の更新となりました^^;
いや〜久々にブログを書こうと思ったはいいものの、さて何を書こうかな…というところでいきなりスタートからつまずいてしまったのですが^^; 久々の記事更新ということで無難に今日は近況と今後についてつらつらと書いていこうという思いに至りました。


近況
藤元がBGMを1曲書き下ろしたBLボイスドラマ「キミとの約束」第2話が公開されました!
BLといってもその要素は薄くて、基本的には爽やかな学園コメディボイスドラマです。抵抗を感じなければ上記リンク先よりどうぞお聴きください^^


今後
「キミとの約束」の製作元であるボイスサークルCOREから大きな企画を持ち込まれていて、今はその企画向けに曲を作っているところです。
今の所まだそれ以上はなんとも言えないのですが、今年中に公開できるように作業を進めていますので、情報公開までもう少しだけかみんぐすーん!ってことでお待ちいただければと思います^^;
あと夏頃にちょっとだけお手伝いさせていただく企画が公開される予定です。


さてさてまたオフがしんどくなる前に作業を進めていこう〜v


追伸:拍手ありがとうございます^^

拍手

calendar

07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

profile

HN:
藤元達也
HP:
Twitter :

blog seach

others

I'm sub-member of

-----------------
blog powered by





Copyright © s t u d i o - b e e 2 . c o m | はちスタぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7